物語りという名の絵本館

絵本を描いたり読んだりする人です。オリジナル絵本での読み聞かせ動画も配信しています。

物語りという名の絵本館

一度だけ追いかけた夢

 私は月に何回かオートバイに乗っています。車と違って四季を肌で感じるので、当然ながら夏は暑いし冬は寒いです。景色を見ながらのんびりと走行するのが好きです。私は過去に一度だけ夢を追いかけたことがあります。今回はそのようなことを書いてみます。

 私が子供の頃はバイクや車が盛り上がっていた時代でした。そういう憧れを持ったまま大人になり、いつしか自分もオートバイに乗るようになり、サーキットで走ってみたいと思うようになりました。しかしサーキットで走行するというのは、峠道を走るのとは全く違っていたのです。想像していた以上に厳しい世界でした。

 ライセンスを取得してからは、ミニサーキットのスポーツ走行から始めました。この時は片道2時間をどうにか自走で通っていたのだけど、行き帰りが体力的にきつくなりバイクが積める車を購入しました。それをきっかけに、少し大きいサーキットにも遠征するようになりました。バイクを車にのせて片道6時間の旅をしてみたりとオートバイ三昧の日々を送っていたのです。

 当時、稼いだお金のほとんどはバイクに使っていました。身に着ける装備やパーツについては、一度購入してしまえば転倒しない限りは大丈夫ですが、タイヤなんてものはすぐにダメになるし、オイルも値段の高いものを入れることになりました。加えて滞在費(食事代、宿泊代)、交通費(高速代、ガソリン代)、サーキット料金(走行代、ライセンス、保険)などを合算すると、本当にとんでもないお金を使っていました。

 とある春先のことでした。ある日突然、ヒューズがとんだように何かがぷっつりと切れてしまい、遠方のスクールの予約をキャンセルしてしまいました。その気持ち自体は突然ではなく、冬の間に考えた結果だったのかもしれません。電話を切った後はしばらく何も手につかなくなりました。何をやっても何も感じることはなく、私は世界が終わったのだと思ったのです。

 それからしばらくして、散らかっていた心の掃除と整理を始めました。そうして片付いた後に残ったのは、関わってくれた人への多大な感謝でした。私はオートバイを通じてたくさんの人と出会っていました。多くの経験と共に在ったのは、温かい思い出でいっぱいだったのです。この上なく楽しかったです。一切の悔いもありません。あの時、私の夢を笑わないでくれてありがとう。同じ風を共有してくれた全ての方へ感謝しています。

 そして私は今、もう一度、空を見上げているのです。最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by かたりべ和歩 / Kazuho Kataribe (@kataribekazuho)

www.instagram.com