物語りという名の絵本館

絵本を描いたり読んだりする人です。オリジナル絵本での読み聞かせ動画も配信しています。

物語りという名の絵本館

想いを編んで物語を綴る

 昔話で有名な桃太郎。それを自分なりに解釈して書き進めていると、こういうお話の展開はどこかにあったかなとか、色々と頭に浮かんできてなかなか前に進みませんでした。その都度、実際にグーグルさんを使って調べてみると、似たようなお話があったりして凹んだりもしました。

 そんなことを繰り返している内に段々と形になってきたので、どうにか一安心といった所ですが、絵本なので絵も描かないといけません。何度か下書きをした感じでは、画伯と言われても差し支えなく、このままで大丈夫かと暗雲が漂っています。

 私の処女作となるこの桃太郎。この物語には伝えたい想いを込めています。私がトレードマークにしている歯車は、そういった伝達する力から由来しています。人は誰しも、形や大きさの違う歯車を数多く持っていて、それが上手くかみ合った時に最高のパフォーマンスを発揮する。しかし、知識や経験で得た歯車がどこのパーツかはすぐにわからない。だからおもしろいのです。歯車とは長い人生の中でパズルのように組みあげていくものだと考えています。

 前の経過報告の動画は著作権の関係上、削除するしかありませんでした。見てくれた方、本当にありがとうございました。またその内に動画を撮ってみます。最後まで読んでくれてありがとうございました。